【2019】クラシックを楽しむのにおすすめなワイヤレスイヤホン10選

クラシックといえば興味のない人でもモーツァルトやベートーヴェンなど複数の作曲家を思い浮かべることが出来るように、生活に根付いた音楽ジャンルと言えるでしょう。

そんなクラシックを聞くにはどの様なワイヤレスイヤホンを使用すれば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、クラシックにおすすめなイヤホンをピックアップして紹介します。

クラシックに適したイヤホンの特徴とは

クラシックを聞くのに適したイヤホンの特徴ですが、クラシックという音楽ジャンルは低音から高音まで幅広い音域が求められるのでそれに対応できるイヤホンが適しています。

また、オーケストラ編成の音楽は一斉レコーディングなのでサウンドステージの広さや音数を活かせる解像度なども重要となります。

【2019年】クラシックにおすすめなワイヤレスイヤホン10選

ここからはクラシックに適したおすすめのワイヤレスイヤホンをピックアップして紹介します。

カスタマイズで自分好みの音に!「Jabra Elite Active 65t」

Jabra Elite Active 65tは、Jabra Elite 65tの防水性能を高めたもので、シャワーを浴びながらでも使用が可能なIP56準拠です。

最大の特徴はJabra Sound+アプリのイコライザー機能によって音楽プロファイルのカスタマイズが可能となり、解像感も高いのでクラシックにも向いています。

製品仕様 内容
連続再生時間 5時間
BlueToothのバージョン
コーデック SBC,AAC
防水機能 IP55
ノイズキャンセリング機能 なし
ここがポイント!

  • カスタマイズによる快適性
  • 最高15時間の大容量バッテリー
  • IP55 準拠

中音域によったバランスの良い音質が人気「オーディオテクニカ ATH-CKS770XBT」

大口径音導管採用で音の伝達効率を上げているため、より多くの高域成分を伝達可能にしているのが特徴のイヤホンです。

ドンシャリ系に強いオーディオテクニカのイヤホンでリーズナブルな価格帯でありながら、全音域に渡り非常にクリアな解像度を実現しているためクラシックにも向きますのでおすすめ出来るイヤホンとなります。

製品仕様 内容
連続再生時間 7時間
BlueToothのバージョン 4.1
コーデック SBC,AAC,aptX
防水機能 なし
ノイズキャンセリング機能 なし
ここがポイント!

  • 深みのある重低音
  • 高い装着性と小さくまとまる携帯性
  • マルチペアリング対応

初めてのワイヤレスにはこれ「PHILIPS TX2BT」

人間工学的にぴったり快適にフィットするサウンドキューブ採用で様々な環境でマッチします。

高出力のネオジウム磁石を採用したハイブリッド構造なので高精度な音質を実現していてオーケストラなら楽器の存在感が際立つ音です。

MusicChain機能を使用することで再生中の音楽を簡単にシェアできるのが特徴となっています。

製品仕様 内容
連続再生時間 (非公開)
BlueToothのバージョン 4.1
コーデック SBC,AAC,aptX
防水機能 なし
ノイズキャンセリング機能 なし
ここがポイント!

  • 低音域を広げた高精度サウンド
  • ワンタップのNFC接続で簡単にペアリング
  • どんな耳にも快適にフィット

SONYの超鉄板ノイズキャンセリングワイヤレスイヤホン!「SONY WF-1000X」

SONYのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000Xは、ノイズキャンセリングに特徴のあるワイヤレスイヤホンです。

この商品は電車や車の運転をする時など、周りの音も取り込むことのできる「アンビエントサウンドモード」が搭載されています。

このモードがあれば外出の際にも安心して音楽を聴くことができるので、移動が多い学生やサラリーマンの方にとてもおすすめです。

製品仕様 内容
連続再生時間 最長10時間
BlueToothのバージョン Bluetooth標準規格Ver.4.1
コーデック SBC, AAC, LDAC, aptX, aptX HD
防水機能
ノイズキャンセリング機能 あり
ここがポイント!

  • SONYの大人気ワイヤレスイヤホン
  • 最強ノイズキャンセリング搭載

JVCブランド初の完全ワイヤレスイヤホン「JVC HA-ET900BT」

フラット系のチューニングで音楽ジャンルの得手不得手がほとんどないイヤホンで、クラシックだけではなく様々なジャンルの音楽を聞くという人におすすめのイヤホンです。

専用のスマホアプリJVC Headphones Managerを使用することでサウンドモードが選べ、簡単に音楽に合わせたセッティングを行うことが出来ます。

製品仕様 内容
連続再生時間 9時間
BlueToothのバージョン 4.2
コーデック SBC
防水機能 IPX5
ノイズキャンセリング機能 なし
ここがポイント!

  • 快適な装着性を実現する完全ワイヤレス
  • 汗や雨に強く、水洗いも可能な防水仕様

高級感あるサウンドの大人向けイヤホン「Bragi THE DASH」

水中で利用も可能な解像度に非常に優れたイヤホンで、見た目もスタイリッシュでクラシックやジャズなど大人な音楽に向いたイヤホンです。

このイヤホンはスマートフォンとペアリングさせるだけではなく、4GBの容量があるのでイヤホン自体に約1,000曲ほど入れておくことが出来るのが最大の特徴です。

捻りながら装着しなければならないので慣れるまではフィット感を感じにくいかもしれません。

製品仕様 内容
連続再生時間 6時間
BlueToothのバージョン
コーデック SBC,AAC
防水機能 なし
ノイズキャンセリング機能 なし
ここがポイント!

  • クラシックやジャズなど大人な音楽に
  • イヤホン自体に約1,000曲登録が便利
  • 水中で利用も可能

ライブ会場にいるかのような圧倒的な重低音「QCY QY8」

QCYのワイヤレスイヤホン「QY8」は、低価格帯ながら音質にも拘ったコスパ高のワイヤレスイヤホンです。

低価格帯イヤホンにありがちなシャカシャカ音ではなく、原音を素直に再現しており特に重低音の迫力は凄いです。

初めてのワイヤレスイヤホンにオススメのアイテムになっています。

製品仕様 内容
連続再生時間 5時間
BlueToothのバージョン 4.1
コーデック aptX
防水機能 IPX4
ノイズキャンセリング機能 CVC6.0(通話ノイズキャンセル)
ここがポイント!

  • 重低音に特徴のあるワイヤレスイヤホン
  • 自然で安定した装着感が◎
  • 簡単ペアリング機能も搭載

Amazonランキング上位常連!「JPRiDE JPA1 MK-II」

リーズナブルな価格帯でありながら、AAC、aptXのコーデックに対応しておりiPhoneやAndroidなど使用する端末を選ばず高音質な音楽を楽しめます。

高い解像度かつ遮音性も高く、クリアで高級感のある音でクラシックを聞く際にもおすすめできるイヤホンです。

また、イヤーピースやイヤーフィンなどの付属品の数が非常に多いのが特徴で、すぐ無くしてしまうという人やなかなか合うものがないという人でも安心です。

製品仕様 内容
連続再生時間 6時間
BlueToothのバージョン 4.1
コーデック AAC,aptX
防水機能 IP64
ノイズキャンセリング機能 なし
ここがポイント!

  • Amazonランキング上位常連の人気イヤホン
  • AAC・aptXのコーデックに対応
  • 高い解像度かつ遮音性も◎

4基のBAドライバーの高精度な音を実現「SHURE SE846-K+BT1-A」

人気メーカーSHUREのハイエンドイヤホンです。

イヤホンはどうしても得意不得意が出てきてしまうものですが、846に関しては苦手な分野がないためどんなジャンルでもこなしてしまう高いポテンシャルを持っています。

音の質は限りなくクリアで、高解像度で中域や高域においてもシャリシャリとした固さがなくなめらかな聞き心地です。

製品仕様 内容
連続再生時間 (非公開)
BlueToothのバージョン (非公開)
コーデック (非公開)
防水機能 なし
ノイズキャンセリング機能 なし
ここがポイント!

  • SHUREのド定番イヤホン
  • どんなジャンルもこれでOK
  • 高価だがそtれに見合う高音質

フィルターでサウンドカスタマイズが可能「AKG N5005」

ハイブリッド型イヤホンのパイオニアであるAKGのハイエンドモデルになります。

BA型ドライバー4基とダイナミック型1基の5ドライバー搭載で、4種類のメカニカル・チューニング・フィルターによりサウンドのカスタマイズが出来るのが特徴です。

ワイヤレスだけでなくケーブルイヤホンにも出来る3種類のケーブルがあり使用シーンに応じて選ぶことが出来ます。

製品仕様 内容
連続再生時間 8時間
BlueToothのバージョン
コーデック SBC
防水機能 なし
ノイズキャンセリング機能 なし
ここがポイント!

  • AKGのハイエンドモデルイヤホン
  • サウンドカスタマイズ可能
  • ケーブルイヤホンにも出来る3種類のケーブル

ワイヤレスイヤホン Amazon公式ランキングも要チェック!

Amazonが独自集計したワイヤレスイヤホンの売れ筋ランキングも要チェックです。

クラシックは高音質なイヤホンで

イヤホンには低音に強いものや高音に強いものなど得意不得意が分かれるものが多いですが、クラシックに関しては全てにおいてハイレベルなものが求められる傾向にあります。

今回紹介したイヤホンはクラシックを聞くにも十分耐えられるイヤホンとなっていますので、興味のあるイヤホンがあったらぜひ一度視聴などで試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA