【2019】超快適!ノイズキャンセリングに優れたおすすめのワイヤレスイヤホン5選!

ワイヤレスイヤホンは、コードが無いため管理しやすく、収納しやすい、取り出しが容易などという点から、近年注目が高まっています。

中でも、ノイズキャンセリング機能が内蔵されているイヤホンは、周囲の騒音を内蔵マイクが察知し、周囲の音を遮断して音楽をクリアに聴くことができるため、特に人気が高いです。

そこで今回は、ノイズキャンセリング機能が優れたおすすめのワイヤレスイヤホンを5つご紹介していきたいと思います。

ノイズキャンセリングとはどのような機能なのか?!

ノイズキャンセリングの特徴

ノイズキャンセリング機能とは、イヤホンに内蔵されているマイクが周囲の騒音を察知し、その音の分析を自動で行ってくれます。

そして、騒音をシャットアウトするために効果的な逆位相の音波を発生させます。

それにより、騒音が中和され、耳障りに感じやすい音を低減させられるという仕組みとなっています。

もともとは、航空機内で使用されている騒音低減を目的に開発されたヘッドホンが源泉であり、それが開発の過程でイヤホンにも導入されることとなりました。

しかし、ノイズキャンセリング機能がついていても、完全に周囲の音をシャットアウトできるというわけではなく、あくまでも低減させるということが目的です。

突発的な音の発生や高音などには若干効果が薄い傾向もあります。

ですが、電車や車、飛行機などの乗り物の音や、街中のざわざわした騒音など、低音を中心とした騒音には特に効果的に音を遮断してくれます。

騒音に合わせて音量を上げ下げする必要がなくなるので、集中して音楽を楽しめるのも良い点です。

メーカーにより様々な種類がある!

メーカーにより、デザイン重視のものや、電池持続時間の長いもの、高音質など、イヤホンの機能は異なります。

やはり価格が高いものの方が、多くの機能がついていたり、使いやすくなっているものが多いです。

例えば、ノイズキャンセリング機能がBluetoothによるワイヤレス接続に対応できるものも増えてきています。

また、超小型でありながらも、音質が良質で、騒音低減機能の高いものもあります。

アナログ式でなく、デジタル式のものであればより高性能で価格も高くなります。

そうした点を踏まえ、自分の必要性にあったイヤホンを選択していくと良いでしょう。

最強ノイズキャンセリングのワイヤレスイヤホン5選

ここからはノイズキャンセリングに優れたおすすめのワイヤレスイヤホンを5つご紹介していきます。

ソニーの大人気完全ワイヤレスイヤホン「SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X」

まず一つ目は「SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000X」です。

こちらはイヤホンは機能性に優れています。

左右のイヤホンをつなぐコードもついていない「完全ワイヤレスイヤホン」タイプです。

アプリから騒音低減や外音の取り込みなどの設定を変更することも可能。

コンパクトなのもおすすめポイントです。

製品仕様 内容
連続再生時間 最大3時間(NC ON)/最大3時間(NC OFF)
BlueToothのバージョン Bluetooth標準規格 Ver.4.1
コーデック SBC, AAC
防水機能
ノイズキャンセリング機能 あり

ソニーのネックバンド型イヤホン「SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X」

二つ目は「SONYワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X」です。

こちらは、ネックバンド型のイヤホンなので、イヤホンを無くしてしまわないか心配という人には、左右のイヤホンが繋がったこちらのタイプがおすすめです。

音質が素晴らしく、様々な好みの音質やサラウンド効果で音楽を楽しめます。

飛行機などの大気圧の変化に応じて騒音を調節したり、操作がデジタル式であったりと、高音質且つ高性能なイヤホンです。

製品仕様 内容
連続再生時間 最長10時間
BlueToothのバージョン Bluetooth標準規格Ver.4.1
コーデック SBC, AAC, LDAC, aptX, aptX HD
防水機能
ノイズキャンセリング機能 あり

ノイキャンが神!「BOSE QuietControl 30 wireless headphones」

3つ目は「BOSE QuietControl 30 wireless headphones」です。

こちらはネックバンド型のイヤホンで、デザインがスタイリッシュです。

そして、ノイズキャンセリング機能が非常に優れているのが何よりもおすすめな点です。

音質も良好で、優れたノイズキャンセリング機能のおかげで臨場感あふれる音楽の世界を楽しめます。

製品仕様 内容
連続再生時間 最長10時間
BlueToothのバージョン Bluetooth標準規格 Ver.4.1
コーデック SBC, AAC
防水機能
ノイズキャンセリング機能 あり

スポーツするならこれ!「SONY WI-SP600N」

そして4つ目は「SONY WI-SP600N」です。

IPX相当の防滴設計であり、スポーツをして汗をかきながらでも音楽を聴きたい人に安心してお使いいただけます。

突然の雨が降っても安心な防水機能を搭載しています。

1度の充電で、6時間の連続再生が可能です。

カラーバリュエーションが豊富なのも嬉しいところです。

製品仕様 内容
連続再生時間 最長6時間
BlueToothのバージョン Bluetooth標準規格Ver.4.1
コーデック SBC, AAC
防水機能 IPX4
ノイズキャンセリング機能 あり

コスパ最強ワイヤレスイヤホン「SONY MDR-EX31BN」

最後は「SONY MDR-EX31BN」です。

こちらは連続再生時間が長いのが特徴。

1度の充電で最大9時間の使用が可能です。

さらに価格も他機種と比べ実売価格が1万円以下とリーズナブルでありながら、周囲の騒音を98%もカットすることができます。

充電が長持ちすることとノイズキャンセリング機能が優れているという部分で、安さと機能を選ぶのならばおすすめのイヤホンです。

製品仕様 内容
連続再生時間 10時間
BlueToothのバージョン 3.0
コーデック AAC、aptX
防水機能
ノイズキャンセリング機能 あり

ワイヤレスイヤホン Amazon公式ランキングも要チェック!

Amazonが独自集計したワイヤレスイヤホンの売れ筋ランキングも要チェックです。

ノイズキャンセリングイヤホンで快適な音楽ライフを!

ノイズキャンセリング機能のついたワイヤレスイヤホンは、1度使用するとその快適さに驚くことでしょう。

移動時間やスポーツをしている時、勉強中なども、音楽に包まれた自分だけの空間を作り出すことが出来ます。

以上のことを参考に、ぜひお好みのイヤホンをお探しになられてみてはかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA