ワイヤレスイヤホンの「音ズレ」と「遅延」って実際どうなの?

移動時や作業時にあると便利なヘッドホンやイヤホンですが、有線だとコードが絡まって邪魔になってしまいます。

上手に収納出来れば良いのですが、カバンの中でぐちゃぐちゃになってしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで便利なのがワイヤレスイヤホンです。

完全ワイヤレスのものであればコードもなく、スマートに扱えます。

音質も良くなり良いこと尽くめに見えるワイヤレスイヤホンですが、ワイヤレスならではの悩みとして「音ズレ」「遅延」が存在します。

今回はその悩みについて”実際どうなのか?”を検証していきたいと思います。

ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリット

ワイヤレスイヤホンのメリット

有線イヤホンでの悩みの殆どは、ワイヤレスイヤホンが解消してくれます。

ワイヤレスイヤホンは本体と離れて操作ができる、小型軽量で持ち運びしやすい、完全分離型であればコードがないなど、メリットが沢山あります。

カバンの中でケーブルが絡まったり、断線してしまったりという経験がある人にはピッタリのアイテムです。

ワイヤレスイヤホンのデメリット

しかしその一方で、電波で接続をするという特性のためのデメリットも発生します。

外部からの電波障害を受けやすく、接続状況によっては音質の劣化、音飛び、音切れ、音声の遅延などが発生する可能性があります。

また、小型であるためバッテリーの容量が少なく、長時間の使用には向きません。

完全分離型の場合には落としてしまうと見つかりづらく、探すのが大変です。

音ズレと遅延って実際どうなのか?

音ズレについて

音質に関しては廉価版よりも高価なもののほうが音質は格段に良く、有線のものと遜色はありません。

予算次第ではありますが、ミドルスペックのワイヤレスイヤホンであれば選ぶ幅も増えます。

音ズレについては、どうしても有線のものより遅延が生じてしまいます。

デメリットを理解した上で利用すれば、通常使用する分には問題ありません。

どんな使用方法に向いているか

具体的な例を挙げると、音楽を聴くだけなら若干の遅延があるものの、問題なく使用できます。

いちいち本体を取り出して操作する必要もないので、有線のイヤホンを使用していた時よりも便利です。

動画視聴ではワイヤレスイヤホンの性能にもよりますが、音ズレが生じたときにリップと合わなくなるのでストレスを感じてしまうかもしれません。

音ゲーなどは、遅延があるとプレイ自体が難しくなってしまうので、ワイヤレスイヤホンは向かないでしょう。

その他、電波の干渉により接続が不安定になってしまうことが原因で音切れ・音飛びが発生することもあります。

これらのことから、ワイヤレスイヤホンは通勤通学などの移動時に短時間利用する、音楽を聴くのがメインという方に向いているということがわかります。

また、運動をするときに音楽を聴きたいという方には動きを制限されない、完全分離型のワイヤレスイヤホンがおすすめです。

耐水性に優れた商品もあるので、水泳をしながら音楽を楽しむことができます。

ワイヤレスイヤホンはデメリットばかりじゃない!

デメリットを見ていると、ワイヤレスホンは使いづらいと感じてしまう方もいるかもしれませんが、実はそうでもありません。

外出時や移動中にはコードがないほうが取扱もスマートです。

コードが切れる心配をする必要がありませんし、カバンの中で邪魔になりません。

電車やバスの中でいちいち本体を出して操作する必要がないのでスマホを覗かれる心配もなくなります。

コードを気にしなくて良いので、うっかり腕に引っかけてしまう心配もなくなります。

通勤や通学など日常の移動程度の利用であれば問題なく利用できます。

充電の持ちが心配であれば、収納ケースにしまうだけで充電ができる完全分離型を選ぶことで解決できます。

ワイヤレスいイヤホンは音声通話に対応しているものもあるので、手が離せない作業をしているときにも便利です。

ライフスタイルに合わせて、ワイヤレスイヤホンを活用してみませんか。

デメリットを理解して、メリットを最大限に使いこなそう

とても便利なワイヤレスイヤホンですが、デメリットがあることもご紹介しました。

ワイヤレスイヤホンは移動時やスポーツをするときなど、使用する環境によって使い分けることでストレスなく使用できます。

音楽や移動時に利用したいというライトユーザーは使い易いはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA